デジタルトランスフォーメーションと印刷

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーションとは、「ITの浸透が、人々の生活のあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱されたとされる。

デジタル化の第1フェーズはIT利用による業務プロセスの強化、第2フェーズはITによる業務の置き換え、そして第3フェーズは業務がITへ、ITが業務へとシームレスに変換される状態である。

従来はSF(サイエンス・フィクション)の世界であった仕組みが人工知能やロボティクス等のIT技術の革新により部分的に実現されるようになり、現実世界と仮想世界が区別なく存在する社会への発展するようになった。

このような新しい時代を迎えるにあたり、企業のデジタル化におけるデジタルトランスフォーメーションが注目されるようになった。

MicrosoftとAdobeのパートナーシップ

「Future of Work」を再定義
すべての業界において、驚異的なペースでデジタルトランスフォーメーションの推進が続いています。今日最も成功を収めている企業は、デジタルの変革を進めつつ、差別化されたカスタマーエクスペリエンスの提供に注力し、この2つの取り組みを密接に連携しています。私たちは、この「差別化されたエクスペリエンス」こそが、未来のデジタルビジネスの主戦場となり、こうした道のりを踏み出す企業の最終的な成功を決定づけるものだと確信しています。時間や場所、利用端末を幅広くシームレスに網羅し、コンテクストに即したパーソナライズされたエクスペリエンスの提供を実現することで、アドビはお客様の成功の支援に取り組んでいます。こうした取り組みの一環として本日、マイクロソフトとの戦略的パートナーシップの拡大を発表しました。これにより、従業員の生産性を向上し、数億人ものユーザーのビジネスプロセスの効率化を図ることを目指しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。